腰痛の病気・「腰椎間板ヘルニア(椎間板ヘルニア椎体内ヘルニア)」になってしまった・・・その痛み、入院、リハビリ、治療、その後日常生活の体験談です。

2014年08月10日

新たに「椎間板ヘルニア」が発生!

かかりつけの病院(2010年に入院した時からの総合病院)で検査を受けてきました。
レントゲンと、MRIを受けました。
(余談ですが、MRIが30分、せまい機械の中でじっとしていなければなりません。結構しんどいですよね。。)

さて、検査の結果ですが、

「椎間板ヘルニア」が新たにできている事がわかりました。

私が2010年になっていまでも治っていないのは「椎体内ヘルニア」というもので、
内側の出てしまっているものです。
これが完治していないのですが、今回新たに、「椎間板ヘルニア」ができていました。
これは世間一般的に「ヘルニア」と呼ばれているもので、
外側に出てしまうものです。

私の場合はまず
・背骨が少しつぶれてしまっていて、
・左側の神経の部分にヘルニアが出て圧迫されてしまっている
とのこと。

これを直すにはどうしたらよいか医師に聞いた所、
「安静にするしかない」
と言われました。

痛み止めの薬を1日2回飲んでいるのですが、
それが切れるからなのか、夜中〜朝方、寝ている時が一番痛みます。
その事を医師に伝えると、
寝る前用の薬を処方してくれました。

安静にと言っても、それで治るとは・・・。
posted by へるにあくん at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 腰痛ヘルニア通院記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック